乳酸菌歯磨きのやり方・効果

いつのも歯ブラシを使った歯磨きに、乳酸菌をプラスするのが、乳酸菌歯磨きになります。こうした方法で虫歯予防にもなりますし、歯周病予防や口臭予防効果まで持つ歯磨き方法です。歯磨きで健康を守ることにもなる方法になります。お口の葉のトラブルはプラークの付着が引き起こします。

歯と歯の間や歯茎部分にプラークが付いてしまい、虫歯菌が元気に繁殖していきます。ミュータント菌やジンジバリス菌などの細菌繁殖によって、歯周病や虫歯などのトラブルが引き起こるのです。こうした毒素は、歯肉やエナメル質を溶かしてしまいますし、強烈な匂いを放つことにもなります。

nyuuu1

お口の中で乳酸菌は、酸を作ることができます。その酸は悪さをする虫歯菌を、強力に退治することになります。歯茎から出血するとか、口臭を気にしている人などは、毎日の歯磨きに、乳酸菌歯磨き取り入れて実践してみるといいです。乳酸菌歯磨きで必要なのは、無糖のヨーグルトに、カプセルなどの乳酸菌サプリメント、それに歯ブラシです。冷蔵庫にもストックしてある家庭は多いでしょうが、くれぐれも砂糖の入っているヨーグルトは使用しないで、無糖を使用しましょう。

最初にいつも通り、歯のブラッシングをして汚れを落とします。歯の再石灰化を促す、フッ素入り歯磨き粉で歯磨きするのもいいでしょう。歯をキレイに磨いたら、歯ブラシに無糖ヨーグルトをつけましょう。これが、歯磨き粉の代わりになります。乳酸菌サプリを開けて、ヨーグルトに乳酸菌の粉末をのせます。これで準備万端なので、ブラッシングをしましょう。

うがいをするために、スプーン1杯のヨーグルトを口に入れて、口をゆすぎましょう。飲み込んでも吐き出してもいいですが、水ではゆすいではいけません。口のなかの乳酸菌が、水と一緒に外へと出て行ってしまうためです。

簡単にまとめてみると、いつもの歯磨きをしたら、ヨーグルトを歯ブラシに乗せて、その上に乳酸菌サプリメントの粉末ものせてブラッシングをします。そしてヨーグルトでゆすいで終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>